スーパーコンパニオン知識の館のメインimage

スーパーコンパニオンの仕切り

北海道でスーパーコンパニオン遊びを一度体験してからは、普通の宴会がなにかつまらなく感じるようになってしまいました。

これはいけない傾向なんですが、普通に会社のメンバーと宴会・・・なんて言っても全く燃えないんですよね。

以前は、朝まで飲み明かしてバカなことをしたりしていたんですが、一度スーパーコンパニオン遊びを経験してしまうと、刺激がなさ過ぎて・・・というところがあります。

まだアラフォー手前なので、もう少し年齢が進めば、「落ち着いて飲みたい」という流れになるのかもしれませんがね。

今は、とにかく飲んだらエッチに盛り上がりたいと思ってしまいます。

でも最初に書いた通り、スーパーコンパニオンは風俗嬢ではないので、ヌキはありません。

フィニッシュを期待しているんだったら、はじめからデリヘルで遊んだ方がいいかもしれません。

スーパーコンパニオン遊びの一番の魅力は「ハプニング性」だと思いますね。

「ハプニングバー」となると、これまたディープになっていきますが、それの疑似版というか、明るい盛り上がり版というのがスーパーコンパニオン。

野球拳で盛り上がり、全裸で盛り上がり・・・「こんなことまでしていいのか!」みたいな感じで盛り上がってしまうのがスーパーコンパニオンのいいところと言えるでしょう。

もちろん、筋書がおおざっぱなだけに、仕切りの上手い下手が非常に重要となるのは言うまでもありません。

ですから、こちらの心構えによっては楽しく遊べる時と楽しく遊べない時があるわけですね。

Copyright www.wtcfamiliesforproperburial.com.All Rights Reserved.

当サイト(スーパーコンパニオン知識の館)の記事・画像などの無断転用を禁止します。